任意整理の相談.net

任意整理すると生涯ローンを組めないの?

複数のローンを利用している事で債務が複数になります。
これは多重債務と呼ばれるもので、借金の返済を困難にさせてしまう要因の一つです。
複数の消費者金融からキャッシングローンを利用している場合も多重債務と呼びますが、基本的には複数の金融機関や信販会社のキャッシングローンを利用する事を多重債務と言います。

返済が困難になる事で借金を整理していく必要が有りますが、これは債務整理と呼ばれる方法の総称です。
債務整理の方法の一つに任意整理と呼ばれる方法が有ります。

任意整理は、債権者と交渉を行って、借金の額を減額させたり、減額後の借金の利息を減らすと言った話し合いを行い、債務性を整理していく事を意味しています。
また、債務整理には自己破産や個人再生のように、裁判所に申し立てを行って手続きを進めて行く方法も有りますが、任意整理の場合は裁判所を通す事無く債務整理を行う方法でもあるのです。

弁護士や司法書士等の資格を持つ人に依頼をする事で借金を減らすことが出来るのです。

尚、過払い金が発生している可能性が有る場合は、債権者に対して取引履歴の開示を求め、従来の金利を利息制限法の上限金利に置き換え、引き直し計算を行って過払い金の額を計算します。
この過払い金の額を債権者に対して提示し、返還請求を行うのが過払い金返還請求で、過剰利息を取り戻す事で現在の借金の元金を減らすことが出来るようになるのです。

因みに、過払い金は完済後10年と言う時効があり、借金を完済している人でも過払い金の返還請求を行う事で取り戻せるのです。