任意整理の相談.net

任意整理後に影響が出る期間は何年?

債務整理は借金の返済が困難になった人が、弁護士などの法律のプロに依頼をし、債権者との話し合いで借金を減額する任意整理や、裁判所を通じて手続きを行う自己破産や個人再生などの方法が有ります。

任意整理は裁判所を利用する事無く手続きを行うことが出来る債務整理の方法です。
裁判所を利用しませんが、弁護士などに依頼をして借金を減額することが出来ます。

任意整理の依頼を受けると、弁護士は債権者に対し受任通知を送ります。
受任通知は、弁護士などの専門家が代理人を務めることを債権者に対して伝える書面であり、この書面を受け取ることで債権者は債務者との面会や電話連絡が一切禁じられることになります。
これは法律における効力であり、受任通知を送付する事で取り立てをストップさせることも出来るのです。

任意整理では過払い金の返還請求を行って借金を減額する事も有ります。
特に、借金をしている期間が長い場合などでは、多くの過払い金が発生しているケースが多いと言います。
例えば、10年と言う期間の借金を持つ人の中には、過払い金の返還請求を行った事で、取り戻した過払い金を使って全額借金を返済し終えるケースも有ると言います。

10年と言う期間の中で返済をしていた利息には、本来支払う必要が無い過剰利息が含まれており、これを過払い金と呼んでいるのです。
尚、過払い金の返還請求は代理人である弁護士が全て手続きを行ってくれるため、債務者は全てを弁護士に一任する事が可能になるのです。