任意整理の相談.net

手続きするその前に!任意整理のデメリット

多額の借金によって返済が難しくなってしまった場合に、そうした借金を清算するための方法を債務整理と呼んでいます。
任意整理とは、その債務整理の方法の一種であり、弁護士や司法書士が債権者と交渉を行い、借金の返済方法や返済金額についての合意を取り付け、結果として債務者の負担を軽減させることをいいます。
この任意整理とよばれる方法では、裁判所が関与しないため、手続きが迅速に行える上、法律の縛りにかかわらないさまざまな返済のための条件を合意によって成立させることが可能です。
しかしながら、この便利な任意整理の方法にも、特有のデメリットが存在しています。
1つ目のデメリットとして、法律に基づかないものであるため、相手である債権者が合意しなければ話が進まず、場合によっては拒否される可能性もあるということです。こうなった場合には債務整理の別の方法である個人再生や自己破産などを選択するしかありません。
2つ目のデメリットとして、他の方法よりも借金の金額を削減する効果があまり見込めないことです。自己破産であればほぼ全額が、個人再生であってもおおむね8割相当が免責となり、法律上の強制力を伴って大幅に借金の支払い義務が軽くなりますが、任意整理は双方の合意がベースであり、強制にはなじまないという大きな相違点があります。
3つ目のデメリットとして、任意整理をしてから数年間は借金ができない確率が高いということです。任意整理をした事実は、銀行や消費者金融などが融資審査で活用する信用情報機関に情報として記録されますので、新規融資ではそのことが必ず問題となり、融資不適格とみなされるケースが多いとみられます。